『風光る』のこと 5
2007-01-29 Mon 19:10

すいませーん。また『風光』ネタです~



風光るCDドラマCD③に引き続き、今度はサウンドコレクションを買ってしまいました。
オリジナルイメージサウンドで、インストのみ。

「『風光る』読みながら聴いたら雰囲気でるんじゃない??」と思いたち購入。
作品の出来如何によっては、かなり気持ちが凹むかもしれないという危険性をはらみながらも、ドラマCDがちゃんと作者の目が行き届いていて、そこそこ上手に出来ていたのでちょっと期待。

まず、ケースを開けて出てきた書き下ろしイラストにクラクラ。
ラブいです~

こんなの反則~。
女装セイちゃんと沖田さん、お似合いすぎです~


ライナーノーツは各曲ごとに作者の渡辺さんが書いていて、それがまたいいんだ。
ちょっぴり妄想もまじえながらなので、聴く前にすでにアクセルがトップギアに入った状態でした(笑)。

「期待しすぎると良くないよ!」と胸に思いつつ、いざ再生。

ちょっと信じられないよ!
不覚にもしらふで涙流しちゃったよ!
うえ~~ん

いいよお~、このCD。
ボーナストラックでは、アレンジを和風にしたユーミンの『春よ、来い』が入っていて(これもインスト)、これもまたもの凄く良いです。
渡辺さんが言うには、このオリジナルの『春よ、来い』が『風光る』ソングにぴったりだと、とても気に入っていて、このCDに入れてもらったみたいです。
本当に素晴らしいです。
今回初めて本家ユーミンの歌詞を調べてみたんですが、それ自体が涙ものでした。
すごいです。

このCDは、『風光る』にはまった人には
超オススメ!
必ず買いましょう!


スポンサーサイト
別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
東フィル 定期感想
2007-01-27 Sat 00:11
1/24(水)トゥランガリア行ってきた感想。

寝るかと思ったけど、無理。
絶対寝られない。
途中何度か、
キエッーーーーー!!!
って叫びそうになったぞ。
私は今まで聴いたクラシック音楽で、あんな大音量を経験したことがありません。
参った。
恐怖のフォルテシシシシシシシモ!
弦、木管、金管、打楽器、全てが全力で最高音量出し続け。
ピアノの人。
約80分の長丁場をあんだけ激しく弾ききる体力スゴイね。

この曲を聴いたことのある人って、多分少ないと思うけど、だからこそ聴けて良かったです。
本当に話のタネになる曲でした。

そして、やっぱりチョン・ミョンフン応援団による拍手が鳴りやまず、団員さんたちはなかなか帰れない状態で、可哀想でした。
きっと疲れているだろうにね。

別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
完敗ですよ。エリザには。
2007-01-26 Fri 22:39

Eっちゃんに借りたエリザベートのウィーン版のDVDを見ました。

「字幕設定ありません」、とメニューで言われ、「え?!」となりましたが、見てみたら、全く問題有りませんでした。
以前の宝塚のセリフと歌をこんなに記憶に刻んでいたのかと想うと驚くほどです。
ウィーン版のCDを図書館で借りてアホみたいに毎日聞いていたのも功績でしょうね。良いことだ。

で映像見て、最初から泣きそうな私(^^;
自宅で見るメリットはアルコール入れて感情に敏感になれることです。
劇場だとどうしてもお手洗いの恐怖から逃れられず、お酒は控えめですが、自宅だと、ワインをたしなみながら自我を解放して赴くままに感動や思いを胸に感ぜられるのがとても嬉しいです。
幸せですわ。

でもやはり劇場で見てみたい気持ちは強くなるばかり。
宝塚版がいいです。
トートに惚れたからね(笑)
春野さんに骨を抜かれました。
やっぱり彼女のDVD欲しいわ!
はう~ん♪

とにかくこういう出会いをくれたEっちゃんに大感謝です♪

別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
『風光る』のこと 4
2007-01-26 Fri 12:54
風光る20こんちこれまた『風光る』でございます。

19巻あたりからラブラブが大変です


しかし、ラブラブになればなるほど「死」への恐怖がっ!
作者の渡辺さんの終わらせ方次第なのですが、ヤバイ。
ヤバイですよ!
何だか悪い意味で裏切られそうです!
はうあっ、って感じです


で、ですね、20巻で女装の特命をこなして以来、セイちゃんにある変化が現れました。

まつ毛が生えましたー!

今まで伏し目がちな時や、横顔の時には描かれてましたが、それ以外はまつ毛の存在は見られませんでした。
それがどうでしょう!
現在デフォルトでぱっちりお目々に控えめなまつ毛が!
大人になってきましたよ

より女性らしく育ってきましたよ。
このまま男所帯にいて大丈夫か?セイちゃん!

そんなセイは、15歳で入隊し、そろそろ18歳になろうとしています。
時はどんどん終結へと動いているのです・・・。
別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
本日は水曜日だけど東フィルでござい
2007-01-24 Wed 13:30
(始めに。ブログ、変な時間に投稿されていても気にしないで。サボってません。→自己弁護)


東フィルの定期演奏会(オペラシティ)と言えば、いつもは木曜日なんですが、今回は違います。

何故か水曜です。

演目
オリヴィエ・メシアン作曲
トゥランガリラ交響曲
指揮
チョン・ミョンフン

この一曲だけです。
一曲だと休憩が入らないので緊張します。
飲み物摂取厳禁です!

この曲を予習で聴いたら、知ってました。
少しだけ。
今じゃなく、昔のN響アワーのオープニングに使われていました。
ほんの少しでも知っていて良かったです。

全体とおして聴いてみて、思ったこと。

「あ、寝るかも」。
やっちーあたりだとわかって貰えるかもしれませんが、『カルミナ・ブラーナ』の時のように、途中注意力が途切れて睡魔と戦う可能性大、なのであります。
本日は仕事明けで疲れているだろうし。
超心配。
でも今日は眠くなったら遠慮せず寝ることにします。

もひとつ。
「チョン・ミョンフン氏が好きそうな大曲だな」
大物指揮者には得意とする大曲があるようです。
彼の場合、しんみり系よりバババン系が好きそうで、派手な曲を華麗に演出する能力はピカイチだとおもいます。
減りと張りで生きてる感じ?
いいとおもいますよ。

それとは別に一つ怖いことがあって、彼が指揮をするときは必ずやってきている大応援団。
また演奏後、いつまでも巨大な拍手をし続けて団員さん達がなかなか帰れなくなるのかな、と思うとちょっと可哀想な気がします。
応援する気持ちは大変良いと思いますが、やっぱちょっと怖い(^^;
それともあの情熱は民族性なのでしょうか。
ならばしかたないのかな?

とにかく、今日も頑張って初台行ってきます。
別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
夜明かし
2007-01-22 Mon 07:10
この週末、おそらく今まで生きてきた中で3回目くらいの徹夜をしました。

19日(金)に、新宿の『世界の山ちゃん』で新年会後、酔った脳で一人で家に帰るのがと~っても寂しくなってしまい、Y子宅に転がり込んでしまったのです。
途中、Y子が電話でCちゃんを呼んで、3人でY子宅で飲み、Y子就寝後、「ここで寝たら起きられない」と思った自分は、Cを道連れに徹夜でお話してました。
超早朝に、駅までCちゃんに送ってもらい、がんばって新宿で乗り換えてなんとか帰宅。
本域で眠れないにしても、数時間仮眠とって時差解決しました。

何もなければ7~8時間睡眠が通常なので、ちょっと奇跡に等しいです。
30代中盤にさしかかり、まさか徹夜するとは思ってませんでした(笑)。
別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
『ベルばら』か!
2007-01-19 Fri 07:10
ここんとこ『風光る』にやられてるのが、非常に解りやすいと思います。

だって、いたいけな女性が男装して戦いに挑むんですよ?

乙女(?)のツボにジャストミートですよ?
「なんて(萌)えるシチュエーション!」ですよ?
更に歴史もの!
これにはまらなにゃ女じゃないぜ!

しかしどこかで同じようなマンガに出会ったことがありますねえ・・・。
ああ、『ベルサイユのばら』、ですか。

神谷清三郎(富永セイ)→オスカル、新選組
→フランス近衛隊、沖田→アンドレ、お里→ロザリーetc.。

似てますねー。
キャラの性格・見た目のタイプは違えど似てますね。
なるほどー。

じゃあ、やっぱり主人公は死ぬんですねー?、
ってダメじゃん!

冗談じゃないよ!
ただでさえ沖田さんは絶対労咳で死ぬんだし、プラス神谷さんまで逝ってしまわれたら、ほんと冗談じゃないですよっ!
(そういえばオスカルも血吐いてたな・・・・)


別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
『風光る』のこと 3
2007-01-18 Thu 12:47

ドラマCDまで買っちゃった。
バカって言わないで。
キャストがちょっと他では見られないようなラインナップだったからそっちの興味が強かったのよ。

そしてそのキャストとは、

神谷清三郎=日高のり子
沖田総司=松田洋治
土方歳三=上川隆也
近藤勇=大川透
斉藤一=関智一

知っている人ならわかるとおもうけど、普通のコミックスのドラマCDのキャスティングじゃちょっと見られない豪華さなんですよね。
沖田さんはアシタカ王子。
なにより土方さんが上川さん!
キャラメルボックスの看板俳優だよ。
殆ど声優経験のない人なのに出てます。
かっこいいです。
(NHK朝の連ドラで初めて見てから結構好きです。でも好きなのに、今ドラマ等で顔を見るとつい別のチャンネルに変えてしまうという状態です。何故?)
脚本もキャラメルの人(真柴あずきさん)です。
著者のご友人達で固めたみたいだけど、スゴイ人脈だわ~って感心しちゃいました。
もちろん書きませんでしたが他のキャストの方も素晴らしいです。

CDの作りは非常に原作に忠実で、マンガを読みながらセリフが追えるほどまんまです。
まるで台本読んでるみたいだよ。
むしろ昔言葉が多いので、読みながら聞いた方がわかりやすいかも。
聞こえる言葉だけだと漢字が思い浮かばないです。
特に私は歴史に弱いので(^^;
(「悪所」がどんな所かなんて知りませんでしたもん)
一つ利口になった気分を満喫しています。
勉強勉強~♪

別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
今年の目標
2007-01-15 Mon 20:24
fa9cd7d1.jpg軽く書き初めで今年の目標なんかを表してみました。

何か変だな、と思ったら、真上から写真を撮らなかったので、ヘチマみたいに下ぶくれに写ってしまったみたい。
自分の今年を暗示しているようでヤな写真

でも本物は先生のうちに保管されてしまったのでもう手元にありません。

(ちなみに昨年の目標作品は
こちら。)
別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
『風光る』のこと 2
2007-01-14 Sun 19:52

←可愛くてたまらない沖田さんの笑顔

着々と既刊全巻揃いつつあります。
ドツボの上にまたツボを重ねています。

で、ここんとこ読んでいて思うこと数点。

1,セイちゃん泣きすぎ。
2,沖田さん鈍感すぎ。
3,にもかかわらず、沖×セイでいちゃつきすぎ。
4,斉藤さんがんばれ。
5,バレるだろ。

1=こりゃいかんよ。
セイちゃん、男として入隊してるなら、そんなにワーワー泣いたらいかんて。
普通の女だってあそこまで頻繁に泣かんよ。
殆ど原因は沖田さんなんだけどさ。
女の涙に弱い沖田さんには実に効果的な迫り方だと思うよ。
だからちょっと許せるけど(笑)

2=あの野暮天さは、己に「一生恋はしない」という自己暗示をかけているせいなんだけどね。
見ていて歯がゆいので。
「もしかしてイイ感じ??」のシーンも例外なくオチがついて素っ頓狂な着地におさまるもんだから、肩すかしなんだもん。
まあ、そのうち変わるんでしょうけどね。うくく。

3=そんな沖田さんですが、無意識にセイちゃんとのスキンシップが増えてきています。
それもかなりバカップル的いちゃいちゃです。
「おいおい、清三郎は男っていう建前だろう。なのにそんなにいちゃついてどうする(^^;」と突っ込みたい。
泣いているセイを慰めるときは抱きしめ、からかう時は頬にかみつき、喜んでいる時はおでことおでこを合わせて「ありがとう」。
読んでるこっちがこっぱずかしいよ!(*>▽<*)
セイちゃんがピンチの時には絶対どこからともなく現れて助けてくれるし。

5=いくら如心遷(男の体が女性のように変化してしまう病気)とごまかしているとは言え、セイちゃんのプリティーさが醸し出す女の香りは押さえられないでしょ。
年齢が上がればどんどん体型や声とか差がハッキリしてくるし。
何故バレない。
2年も同じ屋根の下でバレずに住めるものなのか?
年頃の女が。
マンガだもんね。いっか。別に。

と、ツッコミながら楽しく読んでいます。
全然知らなかった新選組知識も少しずつついてきていて、「マンガで読む~」シリーズ並みにすごくわかりやすいです。
沖田さんとセイちゃんの恋以外は、ほぼ正確に歴史を追っているようですし。
著者の渡辺さんに感服致します。

別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
『風光る』のこと
2007-01-11 Thu 18:59
困ったことに、というか、やっぱりというか、ドツボにはまりました。
確実に焼けぼっくいに火が点いた状態になってます。
もういいです。
初売りバーゲンに行くかわりにマンガ買ってます。

ということで、現在1~13巻、16巻、18巻、21巻、というすげー歯抜け状態で揃いました。(1~4巻は実家蔵書)
間が抜けているのはBOOKOFFになかったせいです。
なんか、思ったより人気作品だったんだね(^^;
「きっと古本屋にいけば、まとまって売ってるよね」とか思っていたのは大間違いでした。
ゴメン。
結局、無いものについては一般書店で定価買いしますが、これまたどういう訳か、私の行く本屋には10巻以降の在庫が歯抜けになっていて、全巻揃ってないのです。
古本屋でも「高価買い取り」マークついてるそうだし。

続きは揃えた所まで読んでの
軽い感想&人物紹介です。
沖田さんの笑顔は最高。
斉藤さんの無表情も最高。
土方さんの男っぷりも最高。
なにより神谷清三郎(セイちゃん)のがんばりっぷりに完敗!


セイちゃんは親族の敵討ちの為、女子というのをひた隠して新選組に入隊する主人公です。
男名、神谷清三郎。
始まりは15歳でした。
今は17歳です。
沖田さんに恋心を抱いていますが、隠し続けようと決めています。
もともと女子なので、他のむさい男子からすれば異常なほど可愛い男子に見え、よくその男どもに惚れられます。(男と思われた上でも男に好かれちゃう彼女)
しかし、そういう恋愛事にうとい彼女は、いつもその前兆に気づかず、結局ピンチに沖田さんに助けられる、というパターンを踏みます。
セイちゃんの恋は前途多難です。
恋だけじゃなく、新選組の一員として日々仕事をする彼女は、必要なら人も斬ります。
だって彼女は「武士」だから。
「武士」として女性を捨ててでも沖田と共にありたいと願っている人です。

沖田総司。言うまでもなく剣の達人。
セイの事情を全部知り、その決心の固さの為に折れた人。
彼女が清三郎として組に居られるように秘密を一緒に守ってくれています。
彼女のことは妹・弟のように可愛がっており、いつも気に懸け、案じたり、時に厳しく接します。
しかしセイの思いには一向に気づいていません。
よく人から「野暮天王(キング)」と言われてしまうほど、恋愛事に無関心です。
それには彼の過去の出来事も関係していますが、それは置いておきます。
でも心の奥ではセイを好きになっているはずですので、いつか必ず気づく時がやってくるでしょう。

斉藤さんは沖田さんと同じ歳で、常に平常心を失わない面白い人です。
特に顔が。
新選組内では沖田さんと同じ地位にいます。
でも実は会津藩の隠密だったりします。
ある時から清三郎を男として好きになってしまい、その清三郎が沖田さんを慕っていることにも気づき、ゆえに事ある事にモンモンとしています。
それなのにセイちゃんの亡き兄の親友であり、彼に面立ちと声が似ているせいもあって、清三郎になつかれています。
ある意味一番可哀想な人かも知れません。
それでいてこの話を面白くしているキーパーソンでもあります。


セイと沖田さんは思いを通じ合うことができるのでしょうか?
少女漫画だからきっと上手く行くと思います。
が!
問題は沖田さんです。
史実を忠実に物語が進むなら、沖田さん、死んじゃいますよね!?
また「ミラージュの悪夢」再び、ですか?(泣)
少女漫画なんだから、そこだけ歴史をねじ曲げてくださいー!
別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
腹だし
2007-01-08 Mon 20:30

832d66e7.jpg腹出しチビTのリーガルさんと、いたって普通のゼロスくんです。
リーガルさんの服飾センスを疑わずにはいられません。

続きは喜ぶわたしをイメージして見て。

嬉しさの表れ

きゃー、クラトスさんー、
ひさしぶり~~

 

 

久しぶりのクラトスさんに思わず手が出た瞬間を激写(笑)

別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
ユアン様・・・
2007-01-08 Mon 13:13

708f2e7e.jpgユアン様のつぶらな瞳が見つめてきます。

それより声が最高…

別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
どんな感情だ
2007-01-06 Sat 07:51

DSで逆裁1をプレイしています。

やりながら「そーいえば、ナルホド君とミッチャンのカプで盛り上がってる連中もいるんだよなー。なぜ?」と思っていたら、こんなシーンに出くわしました。みっちゃん

 

 

 

ナルホド君に「お前にだけは会いたくなかった」みたいなことを言った後のミッチャンのセリフがこれです。
これじゃあねえ・・・(笑)

別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
風光る(渡辺多恵子)
2007-01-05 Fri 12:58
1日~4日まで実家に行ってました。
何もしない3日間ちょっとでした。
初売りに行っても良かったんですが、景気順調な名古屋の街にお金を落としてくるのも癪に障ったので、ひたすら家の中でフルート吹いたりマンガ読んだりのヒッキー生活ですよ。
まあ、毎回実家に戻るとこんな状態なんですがね。
なのでマンガも本気で読み尽くしているので、もう今更読みたくなるような本もなく、でもやること無
いので本棚をがさがさあら探しして出てきたのが、渡辺多恵子さんの『風光る』でした。
1~4巻まで見つけて、すごい久しぶりに読みました。
21世紀になる前に始まってまだ続いている本です。
新撰組ネタの本。
自分は新撰組についてあまり興味がないもので、史実に忠実に描こうとしている作者さんの苦労はわかりませんが、単行本終わりの2~3ページの後書き的マンガを見る限り、相当頑張って歴史に嘘をつかず、でもちゃんと少女漫画にするのだ、という意気込みをひしひし感じます。

そして、沖田さんがステキです・・・。
ポニーテールの男が可愛いと感じる時が来るなんて!

現在21巻まで発売中。
さて、続きはどうやって読もうかな。
古本かな。


別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
あけましておめでとーございます
2007-01-01 Mon 08:20

一夜明けて、元日の朝です。
何っちゅーことない月曜の朝です(笑)
テレビ番組が当たり障りのないお笑いに浸食されるのでつまんないわ。
そんなわけで(どんなわけで)実家に帰省してきます。
じゃあね~~ん。

別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
成功です
2007-01-01 Mon 00:30

008c820d.jpg明けまして!

カウントダウンは大成功でした!
エルガーの『威風堂々』を尾高氏が見事ジャストでさばきました。
おめでとーー
ついでに昨年のベートーヴェン第九、第4楽章でのカウントダウン。
あんだけ長い楽章であわせたコバケンがすごい、とあらためて感動しました。

しかし、テレビ前で真剣にケータイカメラ構えてる自分が滑稽(^^;
でもその甲斐あって微笑ましい絵が撮れました。
殿下も写ってますよ。

別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
| いい歳の女がマンガ読んだっていいじゃない? |

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

ちるるん。

Author:ちるるん。
技術と知識と萌えの為に自己を鍛える趣味人。
東京都在住。

ここのブログに記入するときは、品性と羞恥を捨ててます。
それこそ捨て身。