ムキー!(愚痴愚痴)
2006-08-31 Thu 16:41

役立たず上司がエアコンを消します!

全然わけわかりません。

決して冷やしすぎじゃありません。

冷え性の私が暑いと言ってるんです。

まわりの人全員が暑いと言っているんです。

当の本人はもう寒いのか暑いのかわからなくなってるようです。

どっか行けー!

スポンサーサイト
別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
旅路より戻りて読む本は・・・。
2006-08-28 Mon 20:16

もちろんマンガです。

今回の帰省では、実家蔵書の中にあった『花冠の竜の国』の文庫第1巻を見つけたので読んでみました。
さんざんいろんなブログで書きましたが、私はここに出てくるエスターが大好きなのですよ。
参っちゃうくらい好きなんだな。
彼の青い瞳にクラクラさあ。

久々に1巻を読んだら、結構新鮮。
巻数も大きくなってくるとエスターとリズのシリアス話が多くなるけど、初めの頃はこんなにバカっぷるだったんだー、と。
リズは騒がしく“エスター命!”。
エスターはクールに“リズ命”。
で、二人合わさるとあつあつバカップル。
楽しいねー。
笑っちゃったよ。
このマンガを初めて買った頃はこんな感想持たなかったのに、時は移ろい、また私も移ろう、って感じか。

楽しいので続きも今、読んでます(^^)

別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
思う存分
2006-08-26 Sat 20:58
13ccc689.jpg思う存分吹いてますよ。
普段の3~4倍は練習出来ました。
やったね♪
別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
名古屋着
2006-08-25 Fri 21:02
91c16a8c.jpg着きました。
駅西口です。
なんとなく不健康さをかもしだす駅前です。
別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
東京駅にて
2006-08-25 Fri 18:49
08574802.jpgと、いうことで、名古屋に行ってきます。
別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
最近のゲーム進行度
2006-08-22 Tue 23:01

時はさかのぼり連休前。
発表会が終わった打ち上げ後の危険地帯・渋谷にて、酔った勢いで買ったゲームが2本。
『かまいたちの夜×3』と『学園ヘヴン おかわりっ!』。
まあ、アホですわ。

とにかくこれらを休日にやろうともくろんでいたわけだが、ほとんど違うゲームばかりやっていたので進んでいない。
一応『かまいたちの夜×3』は攻略本も買ったんだけど、やり始めると必ず眠くなるので辛い。

違うゲームとは、『どうぶつの森』。
夏になりカブトムシ、クワガタが捕まえられるようになってから、これらが高額で売れるため、お金がザクザク貯まる。
そうすれば、家を建てた借金も着々と返済できていて、ひと部屋増築もした。
さらにその分の借金を返すのも時間の問題。
家中に、夜中のうちに捕まえ続けた虫たちが、床が抜ける一歩手前までぎっしり在庫されています。

 

別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
隊長です
2006-08-15 Tue 14:42

815839f3.jpg
「昼から飲み隊」隊長のちるるん。です。
余り物のキュウリとハムをツマミに赤ワインです。
『スレイヤーズ NEXT』のDVD見ながらお盆の午後を過ごしています。
うきゃ♪

別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
心が広いだけなのか・・・?
2006-08-15 Tue 00:00

68c9e906.jpg暇だから久しぶりに「9番目のムサシ」を読み返してます。

画像は6巻のとあるシーン。
9(ナイン)に迷惑をかけまいと山奥の知り合い(このおやじさん夫婦)の家に身を隠していた慎悟。
その彼を超大胆な方法(NHKに速報テロップ流す。「慎悟を知っている人、連絡待ってまーす♪的な)で探し出した9が、迎えにその家を訪ねたシーンです。

で、怖くない!?
家に置いてあげてる側から見たら、こんな超法規的な方法で探されてる慎悟って、怖くないっ!?怪しくない!?
さらに、9がココまで高速でたどり着けた種明かしは、米軍の飛行機使ってパラシュートで降下してきたからなんだよ!
もうスーパー怖くない!!!??
なのにおやじはこんなすっとぼけたことを言ってます。
「こんなことまでしてくれる友人」じゃなくて、「こんなことまでしちゃって追ってくる不審者」でしょうが。
「電話して正解」じゃなくて「電話しちゃったよ。どうしようー。」でしょう。
普通なら「慎悟!なにやらかして追われてる?!」ってなるでしょ。
のんきすぎる、おやじ。

たまにこんな感じでスゴイツッコミどころがある「ムサシ」が大好きです。

別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
ぶらぼー
2006-08-14 Mon 00:52

 手作りに勝る料理はない。
とみにそう思う。
どんなに偏った具材だろうが、どんなに貧相な汁物だろうが、私が作れば世界一美味しい。
自分にとってだけだけど。

 先日無性にシチュー、それもホワイトシチューが食べたくなり、作りました。
ジャガイモの皮をむくのが面倒だ、という理由からジャガイモ無しで。
それで、また三つ葉ですよ。
殆どストーカーなにみ三つ葉に執着してます。
美味しくなるかまずくなるか、賭でした。
勝ちました。
三つ葉はまたも勝利したのです。
めっちゃ美味!
どうしちゃった三つ葉!?
君はこんなに万能な野菜だったのか!?
嬉しくてガツガツ頂いてしまいました。
その万能ぶりで、大葉と肩を並べると思われるが、今一世間へのアピールが足りない三つ葉。
どうか今以上に三つ葉が大活躍できる世間になってもらえることを、望んでやみません。

別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
やさしい竜の殺し方 2巻
2006-08-13 Sun 07:48

2巻を読み終えたので感想。

ありゃー?とな。
どういう訳か話が終わってしまいました。
続きがあるはずなのに、終わってます。
2巻完結?みたいな。

これは童話だと思って読めばいい本です。
ファンタジー小説と思って読んではいけません。
愛と機転で、重大な問題が結構あっさり解決されてしまいます。(とりあえず2巻現在までは。)
「えっ、そんなんで何とかなっちゃっていいの!?」と思わなくもないですが、童話だと思えばOKでしょう。
だって童話はいつも主人公には都合良く出来ているものだから。

ウル坊とアーカンジェルがどんどんラブラブになっていくのがおかしくて、笑っちゃう。
2巻の終わりでは抱擁してました。
しかし、それ以上は一切ありませんのでご安心下さい。
「別々の世界に生きていても、心はいつも一緒」という二人のエンディングです。
2巻のね。
くどいようだけど、3巻以降どうなるのかしら?
別の主人公が現れるんでしょうか?
すでに完結している作品なので、今後の展開の詳細は探せばすぐに答えは見つかりますが、とりあえずは我慢しておきます。

別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
ウニ
2006-08-12 Sat 00:01

a7dd3ae2.jpg8月9日(水)、築地 の「jige」にて。

私にしては珍しく、料理の写真を撮ったのです。
ソレを思い出したのでUPしときます。
手前は日本酒の「神聖」純米酒。
奥はウニグラタン。
1合の日本酒が、一杯のデカいぐい飲みに入って出てきてビックリしました。
友達同士で回し飲みしづらいじゃんか~、ということで、結局一人で全部飲みました。
他にも試して見たかったのにな。
その前にも、ビール、赤ワイン、とやってるので、チャンポン。
まあまあ酔いました。
頭痛が来た。

お料理は、海の物が美味しかった。
マグロの中落ちなど、普通では食べられないものを頂きました。
美味。
海鮮もさるものながら、串のレバーが絶品で、もっと食べたかったくらい。
この頃美味しいモノをちゃんと食べられているので、レバーが全く苦手じゃなくなりました。
有り難う!東京の夜。

別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
ブ、ブライトさんが・・・
2006-08-11 Fri 15:03

鈴置洋孝さんがお亡くなりになったそうです。
ブライトさんが、九能先輩が・・・・。
心より冥福をお祈り致します(涙)。

別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
そしてまた「のだカン」ネタ
2006-08-11 Fri 12:50

アニメ化です。
のだめカンタービレ、アニメ化決定
来年1月より。これまたフジテレビ。
今ハチクロやってる枠だそうだ。

こっちは見る!

別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
朝からショッキング
2006-08-10 Thu 07:04
とうとう恐れていたことが起こってしまった。
『のだめカンタービレ』ドラマ化・・・。
しかも「月9」。
遊べないガチのフジテレビ「月9」!
ドラマ化だけでもガッカリなのに追い打ちだ!
千秋が玉木宏だってー。のだめは上野樹里。
タクト振るのか?ピアノ弾くのか?
別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
やさしい竜の殺し方 1,2巻 (津守時生)
2006-08-09 Wed 13:34

7月27日のブログで紹介したマンガの原作小説です。
角川ビーンズ文庫で再発刊されたものを購入。

表紙がキラキラしてますね。
コミックス版を描いているのと同じ方が挿絵を担当しています。

この作品をココで扱ってえーもんかいなと迷いましたが、ビーンズ文庫だし、ファンタジーだし、ということでのっけました。

こちらの版はまだ2巻までしか発売されていません。
全部で5巻あたりまであったはずです。
幻獣王ウランボルグ(ちっちゃい黒い方)、その運命の恋人で人間のアーカンジェル(白い方)、と、幻獣狩りの旅を共にするクセのある仲間達(王女&傭兵&元近衛兵の僧侶)が主な登場人物。

アーカンジェルが男みたいに見えると思いますが、そのとおり、男です。
だからココに書くのを迷ったのさ(笑)
以下チョット感想。


2巻までの感想。

1巻はほぼコミックス1巻と同じ。
ウランボルグが可愛い(けどドラゴン)!
アーカンジェルが美しい(けど男)!
何一つまともじゃないけど純愛なのだ。
初めこそウランボルグ(以後「ウル坊」)に一方的に、「運命の恋人」だの「愛してる」だの真剣に告られて引いてたアーカンジェルが、命がけで自分を守ろうとするウル坊の偽りのない姿に惹かれていって、そのうち何だか人目もはばからずイチャつくようになってしまう天然さがたまらなく愛しい。
さすが「運命」。

しかし、通常1000年生きられるドラゴンも、人間界にとどまると短命になってしまうようで、残り僅かな命らしいウル坊。
何も知らないアーカンジェル。
これって悲恋モノなの!?

心にグサグサ刺さる名言をちりばめつつ、ストーリーは進んで行きます。


ちなみにこちらが旧版の「やさ竜」。
私はイラストの好み的に言うと、こちらの方が好きです。
ウル坊が大人だから。

別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
侍BRASSに行ってきました。
2006-08-07 Mon 20:16

8月5日土曜日。
自分の発表会の興奮もまだ冷めやらぬ中、オペラシティに『侍BRASS』を聴きにいってきました。

トロンボーン2、トランペット2~4、チューバ1、ユーフォニウム1、ホルン1、パーカッション1、という編成のブラスバンドという具合。

お客さんの入りも上々で、普通の定期演奏会より全然人が多かった。
純粋に人気があると見るべきか、又は値段が安いからか。それとも何かの組織力?(笑)
私が通りすがりで興味をもったくらいだから、クラシックには足が向かなくても「ブラス」となると聴きに行きやすいのでしょうね。
と勝手に納得。

「侍」というくらいなので、演奏される曲名が和風に名付けられていて面白い。
バリバリの金管ブラス。
でも個性的。
別に袴ちょんまげってことじゃなくて。
普通の黒シャツ黒パンツ。
座長だけが変な色(ムラサキ?)のシャツでしたが。
技量もなかなかです。
若いのに・・・。(←別に羨んでる訳じゃないっスよ。私にだって20代の時期があったんだもんね。)

金管の迫力の音量に、「これじゃあフルートが何本あっても負けるな」と思いつつ「いや、集団ピッコロだったら勝てるかも?」と無駄に勝負を挑んでいたりしました。
最高音の恐怖(笑)

以下、演奏内容とは全く関係ないお話に移ります。
一部地域の方とはここでお別れです。
それでは。


86c6e9da.jpg で、こちらの写真は終演後のサイン会にて。
全員が机に一列に座ってサインくれていました。
私はCDを買ったけど、あまりの行列に一気にやる気をそがれてサインは貰いませんでした。

彼はトロンボーンで現役N響団員の、池上亘(いけがみ こう)さん。
同行していた同僚Aさんが勝手に「仕事人」というニックネームをつけました。
まったく意味不明です。
つけた本人も説明出来ませんでした。
インスピレーションのみで「仕事人」にされた池上さんです。
そいうこともあり、彼にクローズアップ!
ワンショット写真掲載です(笑)

勝手にゴメンナサイ。です。

別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
発表会おわったよー
2006-08-06 Sun 20:17

終わった終わった~!
4日にフルートの発表会が終わったですー。
当日の詳しくはあっちの日記にかきました。
こちらでは、お礼をいろいろと。

当日まで、あーでもないこーでもない、と緊張と不安をわめき散らしていたわたくしを、なだめるように元気づけてくれていた皆様。
本当に有り難う御座いました。

当日ナイショで見に来ていたCちゃん、お花もありがとう。
気が付かなくてゴメンよ。
同時に、打ち上げで一緒に飲んでくれたCちゃん、やっちー、ようこ、プレゼントとお花有り難う!
感激であのビールのおいしさは忘れられません。

やっと興奮から醒めて落ち着いてきたので、遅くなりましたがお礼を言わせて頂きました。

ありがとー!(^^)/

別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
7月29日は有利(byまるマ)の誕生日でもある。
2006-08-01 Tue 12:31

 過去にさかのぼりますが、めでたく歳を一つ重ねることができました。
私の誕生日を祝って、隅田川では花火が上がり、何十万人もの人々が歓声を上げてくれました。
ってー使い古しのギャグはおいといて、当日はご友人達がお祝いをしてくれました。
感激であります。

三田のワイン屋も併設されたイタリアンレストランで、パスタやら仔羊やら美味しいモノをいただき、ワインも赤白1種類ずつ飲み、個室だったのでどんなネタもOKのため、BASARAな会話や、メガネな会話も楽しめたのでした。
デザートに刺さった蝋燭の炎を、うれしさのあまり速攻で吹き消してしまったので、写真に撮れなかったやっちーにしかられたりもしました。
でもそれも幸せ♪

去年、同じようにお祝いして貰ったことを思い出します。
同じ事を繰り返すことが出来る幸運を心にとめて、また1年頑張りましょう!

別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
| いい歳の女がマンガ読んだっていいじゃない? |

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

ちるるん。

Author:ちるるん。
技術と知識と萌えの為に自己を鍛える趣味人。
東京都在住。

ここのブログに記入するときは、品性と羞恥を捨ててます。
それこそ捨て身。