やさしい竜の殺し方(1) 加藤絵理子(原作・津守時生)
2006-07-27 Thu 19:29

ちょっくら久しぶりのマンガレビュー。

現在ビーンズエースで連載中らしいマンガ。
原作は、ウィングスであの『三千世界の鴉を殺し』を絶賛連載中の津守時生さんです。

原作を読もうかどうか迷っていたとき、なかなかタイムリーにマンガで出版されたんで、お試し気分で買ってみました。


とりあえず、ザッと一通り読んみまして、感想。
テンポが良くて面白いし、定石でありながら「えっ、そうなん?」と驚かされる展開もあり、いいんじゃない?という感じ。
絵も綺麗だし抵抗無く読めます。
続きが読みたくて欲求不満になってます(^^;

これで原作小説を買ってしまうのがほぼ決定となったのですが、どうやら、スニーカー文庫だったものを、ビーンズ文庫で再発刊するらしく、8月1日に1巻2巻が発売予定と出ていました。

ああ??今すぐに読みたいのに、あと約1週間待て、と?

切ない。

スポンサーサイト
別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
真夜中は別の顔
2006-07-25 Tue 12:36

帰宅してからブログを書くと、おかしな事を書いてしまう比率が高い。
疲れているのも有ると思うが、やはり夜は感情がストレートに文章に表れるからだろう。
めっちゃ怖い。
だから朝方にアップされるように予約して、起きてから再度見直してみた。
恥ずかしいことこの上ない文面!
や~~ん
即削除でした。
危ない危ない・・・。

ちなみに中身は「野村萬斎の安倍晴明について」褒め称えたものだった。
映画的にはバツだが、キャスティング的にはベストオブ晴明。

別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
乗る前に用意
2006-07-24 Mon 07:28

この頃雨が続いてバスに乗ることが多い。
そんな時感じること。

乗客よ、バスに乗るつもりなら、あらかじめ小銭くらい用意しときなさい。
乗り込んでからバッグの財布を探すな。
万札出すな。
君らの後ろには閉じかけの傘で濡れながら乗り込むのを待っている私たちがいる。
どうかそのことを思い出して欲しい。

別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
手料理
2006-07-23 Sun 13:42

現在、経費節減とダイエットを兼ねて夕飯は料理を作っています。

経費節減にはなりました。

しかし、ダイエットは失敗です。自分で作ったご飯は旨すぎる!

創造料理がコレマタ…!

こんなふうにうまく出来た時だけ、栄養士の学校行っといて良かったなあ、と思う次第。はふん♪

別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
戦国BASARA またまた途中経過
2006-07-23 Sun 12:18

うっふっふ。
結構進んでますよ♪
この頃調子いいもんで。

いつの間にか結構いろんな人で日本統一してまして、子安(佐助)だって使えるようになりました。
濃姫のエンディングムービーは色っぽくて悪女バリバリ。
かっこいいよー!
前田利家も使えるようになってます。
リーチ長くいけど、動きがおおざっぱ。
やはりオールマイティーに使いやすいのは幸村ですかね。

お、お、お、親方ざばーーっ!!

別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
ゴーヤはにがうり
2006-07-21 Fri 21:56

233b212b.jpg本日の夕飯です。

緑色の夕飯です。

量が沢山ですがほとんど野菜。

豚肉、ニラ、ミツバ、しめじ、そしてゴーヤ。

味付けは赤味噌と胡麻油とか。

結構イケますよ!

別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
『侍BRASS』
2006-07-20 Thu 19:33

8月5日、つまり発表会明け次の日に、タメミツメモリアルで『侍BRASS』という公演を聴きに行く。
先日、東フィル定期の折、オペラシティに張ってあったポスターが目に留まり、時と場所とフトコロも、どこにも不都合がなかったから、「こりゃ行くしかないべ」と思った次第。

会社の昼休みを利用して予約しようとした時そばに居た、知る人は知る、Aさんも「行きたい」とのことで一緒することになりました。
チケット、安いよー。
いつもの右側バルコニー席が左側になっただけの席を確保でき、ほぼ見え方聞こえ方も熟知してる分、あんな穴場の席なのにA席っていうのが信じられない2000円。
金管とパーカッションの宴。
どんな風になるのか、ブラバンみたいなのを想像していていいのか不明だけど、楽しみです。
イメージ写真のように、侍姿だったらどうしよう!(笑)

笛の先生に、「『侍BRASS』ってーのに行くんですよー」とチラシを見せたら、あれこれキャイキャイいいながら「あー!ケンツヴィッチだ!」と声を張り上げたので、同じ教室のピアノインストラクターも混ざって「え、ケンツヴィッチでてるの?」「いえ、出演はしないようですよ」と会話していた。

誰ですかー。ケンツヴィッチ。

答えは、「津堅直弘」さんのことだそうです。
外人風に呼んでみるとこうなるそうです。
そういう方面に詳しくないのですが、この方はうちの先生達には大人気で、素晴らしい指導者だそうです。
教え子から数多の首席奏者を世に送り出している良い先生なんだそうだ。

へえええ~~~。
こんなおいしい情報を手に入れても、今回彼は出ないので見ることができません。
それでも妙な業界用語を知ることが出来たのでよしとしましょうか。

別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
連休のあたくし
2006-07-18 Tue 19:27

51273042.jpg

っちゅうか!
ゴメン、まず文句から!
以下の文章は火曜日にかき始めたものなのですが、このアホマヌケなライブドアが真っ昼間に緊急メンテなんぞをかますもんだから、書いた文章をUPしたとき俊殺されたんですよ。
普段なら再構築の画面になるはずなのに、お詫びのページにジャンプして書ききったものが二度と戻ってこなくなりました。
昼休みかかって書き上げたのにがっかりだ!
と、いう文句でした。
では気を取り直して書きます。


一応3連休でした。
「一応」も何も、普通に連休なんですけどね。
自分が休日を忘れていたものですから。

さて、何も予定のないままスタートしそうになった連休ですが、始まってみたらそれなりにアクティブなものとなりました。

土曜日
金曜日の帰りに嫌なモノを見て凹んでしまったため、元気を出したくてやっちーに頼んでランチを一緒してもらいました。
インターコンチでランチブッフェ。
高価格ですが、海を見ながら美味しい食事で気も紛れました。
やたら子供連れが多く、みんなリッチだなあ、と感心ひとしお。
ちょっと騒がしかったけどね。
その後、少しお買い物してその日は帰宅。
アヒル型の製氷皿と、曲がるまな板、パジャマ用アロ~ハなワンピを獲得。
アヒルの氷は可愛いよ♪

日曜日
午前中に笛のレッスンをすませ、自宅でビールを一杯飲んでからこの日も横浜へ。
総武線は便利なので楽です。
千葉から神奈川までサポートしてますからね。
この日は花火を見る為に繰り出したのですが、すでに駅の人混みでテンションが下がります。
下がったままやっちーに出会って「帰りたい」と愚痴をこぼしましたがなだめられ、浴衣で来るはずの友人Cが死人風の着こなしをしていた事による若干の遅れと、その気の抜けるおまぬけさ加減に、気持ちの後ろ向き具合がイイ感じでほぐれました。
それでも脱落しないようにがっちりガードされながら移動しましたが。
ヨーコにちょっと早めの誕生日プレゼントも渡しました。
夕飯に本場カリーを早めに頂き、えっちらおっちら歩いて花火会場まで。
途中『ドカーン!』と始まって、実にウン年ぶりの花火に驚いたりもしましたが、「来てよかった~」と感動しました。
浜風が意外と涼しく、蒸れるような暑さでもなくて非常に満足です。
(メガネ花火はテンション上がるよ!)
終了後混雑を避けるため時間差になるように、海沿いのベンチで休憩。
カップル沢山、人も沢山。
通り過ぎるクルーザーに手を振ってみたりとかね。ワーーー!ってね。
酔っぱらってないけど酔っぱらいみたいでした。

みなとみらいの夜景をバックに楽しいひとときを過ごしました。

月曜日。
ただひたすらダラダラと。
ゲームとビデオ鑑賞と笛の練習と。
途中からはお酒のんで、解けそうなほどダラダラしてました。

最後に。

友よ、素敵な連休を有り難う。!

別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
超ローカル番組
2006-07-14 Fri 22:27

意味なくテレビをつけてたら、今横で流れている画面には、どういう訳か四街道中学校の4人が司会をするローカル番組が。
中学校の昼の放送か?
チバテレビは中学の放送部か?

さらに扱うネタが、裸祭りの餅撒き・・・。
ロケで餅取って喜んでる中学生の番組。
「見てる私たちも興奮してきました。」と棒読みで全く感情のこもらないコメントぶりもテンション低い。

千葉県って平和だな。
制服来た素人の中学生に司会をさせて、低いテンションの番組を作れるのどかさがローカルすぎる。
地域密着ケーブルテレビ局並みの密着ぶりに、一応都民の私は、ちょっと高いところからの見物感覚を楽しんでいる。
いけすかねー女やねー(笑)

別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
8月のマンガ
2006-07-13 Thu 12:37

08/16 秋田書店 やじきた学園道中記 29 市東 亮子

08/10 リブレ出版 Nightmare Fortress ~魔神の城塞~ 小笠原 宇紀

08/30 新書館 がっこうのせんせい 4 松本 花

08/31 ジャイブ 栗本薫 Theコミック グインサーガ 栗本 薫

来月はこんな感じ。

妖しい本も混じっているのはご愛敬として、ちょっと注目はグインのコミックスが出ること。
中学生の頃図書室で読み始めたけど、結局途中から趣味に合わない気がして止めてしまったシリーズ。
だからコミックスでもう一度チャレンジしてみようかな、と。

別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
オタクはっけん
2006-07-11 Tue 12:55

うちの会社に、もう一人オタク気味の人を見つけました。
ライトノベルとマンガ、そしてゲームにも適度に精通しており、「普通の」ライトノベルであれば、私なんか足下にも及ばないほどの量を持っているらしいです

だから本日『少年陰陽師』シリーズを借りました。
『戦国BASARA』の話も補足説明なしで話が通じたし、テイルズシリーズはほぼ全部やったのに、何故か「アビス」だけ手を出してない、FFは遅かったのでⅩから入った、大作の発売ラッシュの時は友人と手分けしてこなす。などなど、なかなか有望な人材です。

別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
この頃のいろいろ 3 (マンガ編)
2006-07-05 Wed 22:20

『レナード現象には理由がある』川原泉著

とても久しぶりに川原泉のマンガが発売されました。
さらに新刊ですよ。文庫再版じゃなくて。

最近の川原さんマンガに男女を感じられなくて少々物足りなさを覚えていたけど、今作品には彼女独特の、ホンワカ~な恋愛(と言うのも恥ずかしいくらい穏やか)が久々に描かれていて大満足♪
なんだか男性キャラが全てアンドロイドに見えるのが怖いけど、のんびりした作風に変化は無いので安心して読めます。
川原ファンのあなた!
是非買いなさい!


このごろおまけ編
ライブドア、夜とか人が集中する時間がとても重くありませんか?
先日はサーバーダウンしていたし。
情勢の不安定さがブログの管理にも影響しているのでしょうか?
それもあってとうとう別のブログサーバに移ろうかと作業中。
一応スペースも取りました。
(ちなみにFC2じゃないですよ。あっちはあっちでオタクる為だけの場所なので。)
そのうち引っ越すと思います。
ついでにブログタイトルも変える予定です。
何かいい名前があったら教えて。
大募集です。

別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
この頃のいろいろ 2 (ゲーム編)
2006-07-05 Wed 19:35

7月1日にやっちーがうちにやってきた。
戦国BASARAをやりにやって来た。
やっぱりやっちーはゲームが上手い。

ムービーを見て大笑いして、武田主従の馬鹿さ加減に度肝を抜かれても、彼女は淡々と戦を進めていった。
私には出来ない。
でもやらねば天下統一は果たせない。
頑張った。
親指を痛めないように、頑張った。
そして、上杉と真田は、天下を統一、した。
(プロジェクトX風味でお届けしました。)

真田幸村で天下統一したら、ザビーが使えるようになりました。
何故ザビー・・・・。

別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
この頃のいろいろ 1 (音楽編)
2006-07-04 Tue 22:44

最近書いてませんでしたが、いろいろ有りましたので。

順を追っていきましょう。


まず6月29日の東フィル/オペラシティ定期の話。

グリーグ/「ペール・ギュント」第1組曲

トゥール/チェロ協奏曲

~電子チェロと管弦楽のための協奏曲(日本初演)

ムソルグスキー(ラヴェル編)/組曲「展覧会の絵」

定期会員になって2年目ですが、今までで一番観客が少なかったのではないでしょうか?
入場したときのいつものざわめくロビーの雰囲気とは違い、なんとなく寂しくひっそりした感じでした。
電子チェロの演奏を初めて聴きましたが、面白いですねえ。
さすが「電子」って感じ。
連続する不協和音のせいで胸がザワザワして落ち着かない気分にさせられましたが、
そんな部分ばかりではなく、とてもかっこいい曲でした。
チェロ協奏曲は映画音楽に最適に思えました。SO COOL!

今回の演奏会はですねえ、私の偏見かもしれませんが、管楽器が頑張ってましたよ。
フルート、トランペット、サックス、テューバ等々。
楽曲とは離れた部分で、もの凄く私の目を引いたのは、サックス。
「展覧会の絵」で、多分第1楽章だったと思うけど一部分ソロがあったのみで、それ以降は最後の最後まで音を出していなかったからです。
打楽器だとよく見かける光景なんですが、サックス自体がオケにいるのを初めて見たし、またこれが私の席からよく見えるから、じーっと動かない彼に目がいって仕方ななくて、「もうこの曲では吹かないの?ねえねえ?」とずーっとウズウズしてました。
最後、全ての楽器が華々しく高らかに奏でているなか、やはりサックスさんはひっそり座っているだけだったので、「そういうのも大変じゃない?」とか、さ。
余計なことに気をもんで、気がつけば演奏会も終わってました。

・・・・あららぁ?

とまあ、こんな不思議な気分のまま、電車に揺られて帰宅となりました。
また今週木曜日もオペラシティに行きます。
今度はきちんと音楽に没頭しましょう。

別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
| いい歳の女がマンガ読んだっていいじゃない? |

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

ちるるん。

Author:ちるるん。
技術と知識と萌えの為に自己を鍛える趣味人。
東京都在住。

ここのブログに記入するときは、品性と羞恥を捨ててます。
それこそ捨て身。