演奏会定期会員チケット、継続購入しますか?
2004-11-25 Thu 14:28
現在直面している難問です。
わたしはそれほど裕福な生活を送れている訳ではありません。
そのわりに首を突っ込む趣味が多く、お札に羽が生えて軽やかに羽ばたいて行ってしまいます。それをいつも遠い目で見送っているわけです。
中でも最近で一番つぎ込んでいるのはクラッシック音楽鑑賞、と言いたいところですが劇団四季。
困った事にあの団体にハマり、浅利慶太氏の目論見にまんまと乗せられ手のひらで踊らされています。それは良いのです。むしろ踊れるものなら喜んで踊ってみせますが、いかんせん単価が高いので自由には踊れないです。
やや辛いですが四季を3回我慢すればオペラシティに1年通えるという計算から、年間で定期チケット買ってしまおうかなあ、と。
前期2回目の指揮が下野さんだったりするからなおさらオペラシティに行きたいですし。
しかし前期のオーチャードも4回券で買いたいほどのラインナップだったりしまして、懐具合に影が差してしまうのです。
音楽や芸術は人の心を豊かにします。
しかしお財布の中身は寂しくさせてしまうという皮肉ものであると、しみじみ感ずる今日この頃でありました。
スポンサーサイト
別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
ラフマニノフはレモン果汁
2004-11-22 Mon 10:36
 この土日、家のクローゼット(押し入れとも言う)内を片づけました。
現在我が家の玄関先は、捨てるべく束ねられたダンボールと発泡スチロールがバリケードを作っております。しばらく見ないと溜まるもんですねえ・・・。
素晴らしく良い天気だったので、お部屋のラグを干してから片し、電気カーペットも敷きました。そろそろ冬です。

さて、そんなお日柄の良いこの二日間は、ラフマニノフを聴いておりました。
今回は2番を聴いていたんですが、この曲を聴くとNHKスペシャルの「宇宙」とか「人体」の放送を思い出します。エンディングに流れる曲がこんな感じだったかと・・・。
その時は、あまり注意して聴いていなかったので単に似ているだけかもしれませんが、切なくて綺麗で胸に残る好きなメロディーです。
それと、ラフマニノフさんは「黄色」のイメージが浮かびます。
鮮やかな黄色ではなくペールイエローのような柔らかい色。
私はお仕事の関係上いろいろな果汁を見ていますが、その中に「セミクリアレモン果汁」という物があります。クリア(透明)でもなく全くの混濁でもない。中間のセミクリア。
それをストレートにのばした果汁で作ったはちみつレモンがラフマニノフさんのイメージなのです。

小春日和の秋の日に、ぽかぽか暖かい部屋で、はちみつレモンのようなラフマの2番を聴く。
穏やかな休日を過ごせたことを誰かに感謝したくなる一日でした(*^_^*)
別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
ストラヴィンスキーのペトルーシュカ -2-
2004-11-17 Wed 09:57
JRの駅では、よくコンコースでCDを売っている。(CD以外のものも売っている。愛も売ってください。)
名古屋育ちの私は、東京で暮らすようになって最初にこの光景を見たとき驚いたものです。
カルチャーショックとでもいうのでしょうか。
始めは物珍しさで覗いてみたりもしたのだけど、当時の自分としては欲しいと思うラインナップじゃなかったため、徐々に日常風景の一部でしか無くなっていきました。
つまり関心が無くなって覗かなくなった。
で、そんな風に流してきたけど昨日ふと思い立って★年ぶりに見てみると、あるじゃな~い?

オリコンチャート連続11,025週トップに居座り続ける怪物!
大ブレイク中!「あなたの恋人、好き好き大好きストラヴィンスキー♪」(大嘘)

冗談は置いておいて、あんなに探しても見つからなかったペトルーシュカがこんな身近に何枚もあるなんて、結構ショック。
おまけに氏ご本人の指揮されている物。
----そして安価。

秋風が身に凍みます・・・・。

でも購入しました。新参者が成り上がるにはそれなりの努力と出費が必要なのですよ。違いのわかるゴールド●レンドな女になりたいのですよ。「光栄です」の一言が気取らず自然に出てくる女になりたいのですよ。聞き比べ対決。小澤氏 vs ストラヴィンスキー氏今の私には判りませーーーん!小澤氏のは聴きやすい、けど、対するスト氏は1960年録音で音がくぐもっていてボアボアしていて聴き取りにくい。そりゃ私が生まれるより「ずーっと」前なんだから仕方ないけどさ。今度の休日には腰を据えてじっくり聞き比べしてみましょうね。そうしたら少しは違いが判るでしょうか?微かな期待を胸に今日もお仕事に精を出すのです。
別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
チャイコフスキー 眠れる森の美女
2004-11-15 Mon 13:59

踊りが好きです。

と、いうかバレエと一緒にしか音楽聴いた事ないです。てへ。

「眠り」は好きで、機会があれば生の舞台を見たいと本当に切望している作品の一つ。

(それなのに、ああそれなのに!チャンスがあったのに、チケット発売当日、二日酔いで買いに行けなかったという暗い過去有り。自業自得アリ地獄・・・)

ビデオでは2本持ってるんですけど、一つは日本人で吉田都さんとクマテツ、もう一つは覚えてない、イギリスのバレエ団のもの(^^;。

オーロラ姫としては、吉田さんの方が可愛らしくて輝くオーラがあり、イギリスの方は美しく優雅。技術的には、イギリスの方に軍配が上がりますかな?

ローズ・アダージョの安定感が違いました。

私はこの「ローズ・アダージョ」を見るために「眠り」を見ているといっても

過言も華厳もないくらいでして、素晴らしい踊りだったときなんて叫びたいほどです。



あだぁーじよぉぉーーー(感涙)!



うるさいですね・・・。


あ、思い出した。


イギリスのは英国ロイヤルバレエだったわ。ああ、のどもとスッキリ!



せっかくビデオ持ってるんだし、今度も一回見直して音楽もしっかり聴いてみよう。


なにかいいもうけ話でも見つかるかもしれない。(何でだ?)


別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
ストラヴィンスキーのペトルーシュカ
2004-11-14 Sun 20:47
やっとCDを手に入れました。
自宅近郊最寄り駅、職場最寄り駅、職場近くとCDショップと回って見つからなかったため、銀座まで足を伸ばして山野楽器で購入です。
普通のCDショップでいかにクラッシックのCDが手に入りにくいか身をもって実感してしまった。(もともと期待薄で探してはいたけどね(^^;)
さて、本当はピアノVer.のCDが聴きたかったんだけど、今回選んだのはオーケストラVer.。小澤征爾氏の棒です。
全曲聴いたのは実は初めてだったので、こういう曲だったんだーと、今回も音にふれてから感激を胸に染みこませていたのであります。
バレエ音楽ということで、この音楽でどんな振りがつくのか凄く興味が沸いてきてまして、舞台がみたいとまたも物欲に心がメラメラなのです。
今回なんとなく銀座を歩ってたときの記憶から、山野楽器を思い出してそこでCDを手に入れた訳だけど、ホント、他だったらどこに行けばクラッシック関連のCDや映像を購入できるんでしょうかね?
もともとあまり音楽CDを買ってなかったのでそのあたりのショップについては見当がつきません。教えてもらいたいものです。ふう・・・(吐息)そんなこんなで最近音楽に目覚めたおかげで眠っていた過去が蘇って来ております。どんな過去かというと、楽器演奏の過去なのさ。幼稚園から短大生になったころまで河合楽器でドリマトーンっちゅうヤマハでいうところのエレクトーンを習っていたのですよ。無目的に。家にオルガンがあってそれを楽しげに弾く自分を見た母親が、私の幼稚園入園と同日から習わせたんですわ。(すばらしいことにこの日のことを、私はいまだに覚えているのですよ。雨ふってたな。)しかし自分で望んで習いに行った訳じゃないので楽しいけどやる気はあんまり無かったです。本当に無目的。年齢が上がっていき他人との個性差が出始めてからは特にやる気を失った。体格が向いてないと思い始めたんだよね。小柄だしなにより異常に手が小さい。技術が向上していっても、ぐわっと開いてオクターブ届かない手のひらに常に悩んでおりました。先生が見かねて楽譜から和音を1音削ったときにはもう完全にやる気ゼロ。別にこれ(ドリマトーン)の先生になる訳じゃないんだし、勉強忙しいし、やめよう、とこれで約16年のお稽古にピリオドを打っちゃったのです。それも今思えば逃げだったんだろうけどね。それを今、なんてもったいないことしたんだろう、後悔先に立たず後の祭り状態にさいなまれております。何でもいいから楽器が弾きたくて弾きたくてうずうず。山野楽器の楽器売り場をうろついたりした日にゃーもう!欲情(?!)はぁはぁもんでしたね。でも楽器高額~~~~っ(><)o☆
別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
ドヴォルザークの交響曲
2004-11-12 Fri 14:03
先日来、ドヴォさんの8番が大のお気に入りです。
東フィルの定期で初めて聴きまして、それまでドヴォさんと言えば9番の新世界しか聴いた事がなかった私には、雷に打たれるような衝撃でした。

「ああ、第4楽章の始まりが競馬のファンファーレに聞こえる・・・・」

翌日、本気とも冗談とも言える感想を持ちつつ昼休みに台東区中央図書館へ向かう。
そこでドヴォルザーク交響曲全集のCDを借りてきた。(ついでにベルリオーズの幻想交響曲も借りた。チョン指揮Ver.。まだ聴いてないけど。)
全集ともなると3枚組CD×2ケースで9曲収録。どういう割り振りしてるのか判らないけど、1,2,3,5番と4,6,7,8,9番で分かれていた。
とりあえず8番の入っている方を借りて聴いた。
いいねえ、7番
え?7番?8番は??
もちろん8番は好きよ。でも7番も気に入ったのね。
あの重ったるい「ドンドコ~」ってのが腹にくるクル!
(後日いろいろネットで情報収集していて、ドヴォさんの7番8番は一般的にも結構有名、という事実を知り、うすーくショックを受けた。が、まだまだ勉強しなきゃね~っと前向きにガッツポーズで締めくくる)

意識して音楽を聴くようになって間もない自分は、減り張りのはっきりしている曲の方がやっぱり好きなんだな。
起承転結的な交響曲の方が聴きやすい。オケは迫力あって楽しい!

何回コンサートに行っても毎回新しい発見をして帰ってこられるから、まだまだこの趣味からは足が洗えそうにないですな。
ビンボーまっしぐら!!!!(泣)
別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
livedoor(に)参入!
2004-11-11 Thu 12:22
他の日記ページで細々と書いてきた私とクラッシック音楽の歩み(そんな大層なもんじゃない)。
とうとうlivedoorに来てしまったではないか!
大して意味は無いけど噂のホリタカ社長のlivedoorにブログ持ってみたかったし、あっちの日記がクラッシックネタばっかりでおかしなことになってきたから別枠欲しかったのですよ。
本当にまだまだ知識不足と経験不足で何を聴いても見ても新鮮なクラッシック音楽たち。興味本位で始まった私のクッラッシックライフ(だからそんな大層なもんじゃないだろ)をつらつら書いていこうかと・・・。しかしブログも初めて使うので使い勝手がいまいち判らないなあ。だから今日はいろいろ試し書き。私が行っているコンサートはほとんど東京フィルハーモニー交響楽団です。昨年末、そこのコンサートマスターの青木さんに一目惚れして以来のお付き合い。行ける範囲で、懐具合と相談しつつ---相談しないときもあるが---足繁く通っております。主に東京オペラシティで木曜の定期演奏会を鑑賞。たまに文京シビックホールにも行きます。
別窓 | 閑話休題 | ∧top | under∨
| いい歳の女がマンガ読んだっていいじゃない? |

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

ちるるん。

Author:ちるるん。
技術と知識と萌えの為に自己を鍛える趣味人。
東京都在住。

ここのブログに記入するときは、品性と羞恥を捨ててます。
それこそ捨て身。